スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snowman pop

これも12月に作ったものですが、息子の学校のクリスマスフェア用に、スノーマンのケーキポップを作りました。
前に一回作ったのですが、今回はさらに工夫して、おなかの部分にマシュマロを入れました。

前に作った際に次男に大好評だったので、彼の好物のマシュマロを入れたのですが、ケーキセールに全部出してしまい、私たちが学校へ行ったころには売り切れ。次男は食べれませんでした。

snow-men
スポンサーサイト

Christmas cake

すっかり載せるのが時期はずれですが、今年のクリスマスケーキ。
UK風に、ドライフルーツのケーキをマジパン、そしてロイヤルアイシングです。

市販だとやわらかいアイシングが多いし、厚くって甘いので、カリッとした薄いロイヤルアイシングにするのが私流。
だんなさんも私もオレンジピールがあんまり好きではないので、入れてません。
こうやって好きな材料だけ使えるのも手作りならでは。
ブランデーをちゃんとたっぷり使えるのも手作りならでは。オレンジジュースとかにするより断然香りがいいです。(と思います。)

Christmas-Cake-12

今年も小さい型で3つにして、お友達へおすそ分け。

Toffee Apple Pop + Animal Pop

順番がばらばらになりますが、息子らのお誕生日会でこんなの作りました。

Cake-pop-toffeeapple

トフィーアップルのケーキポップ。
写真だと拡大されてわかりにくいですが、ロリーポップがほんのちょっと大きくなったようなサイズです。
中はりんごのパウンドケーキを砕いたものをバターアイシングでまとめ、外はキャラメルクリームです。
キャラメルクリームがべたっとするので、市販されているのは見たことがない。
苦めのキャラメル味で、大人に好評でした。

そして、次男君のバースディケーキの上に乗っていた動物もケーキポップ。

Cake-pops

作りやすそうだなーと思った羊、鶏、豚を作りました。
こちらは、甘いので子供に。
小さいですが、甘くってこってりしているので、日本人向けの味ではないかもです。
次男には大好評。(長男、怪しい見た目なので、口にせず。)





Christening Cake - Boy

12月にお友達の息子さんが洗礼されるということで、クリスニングケーキを作りました。
「シンプルなもので」というリクエストだったので、ブルーのネームプレートに英語のファーストネームと日本語のミドルネームをいれ、すっきりと星のデザインに。
もっと赤ちゃんぽい、熊とか、靴とか・・・典型的なのにしたほうがよかったかしら???と悩む、悩む。

そして、これ、初めての小麦フリーの粉をつかってのケーキでした。
こちらの大手スーパーで手に入るDove Farm のOrganic WheatFreeの粉をつかいました。
普通の小麦のものより、ほろほろした食感でした。

アレルギーのある方も食べれて、喜んでくれたのでよかったです。

ChristeningCake-Boy

プロフィール

weebirdie

Author:weebirdie
北アイルランドで北アイルランド人の夫、Mixの男の子5歳、2歳、猫1匹と暮らしています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。