スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sour dough Rye bread

ついに先月あたりから、Sour Dough、天然酵母のパンつくりをはじめました。
そしたら、市販のイーストで作るパンとの違いに、すっかりはまっています。

酵母起こし、基本のレシピは、今UKでたぶん一番有名なパン職人? Paul Hollywood のもので、オーガニックのリンゴで起こした酵母です。酵母は、なんだか私の新しいペットのようです。


How to BakeHow to Bake
(2015/04/01)
Paul Hollywood

商品詳細を見る


一番リピートしているのが、ライ麦と全麦粉を入れたもの。(Paulのレシピでは、ライ麦のみに勝手に私が全麦粉を入れています。)
一次発酵5時間くらい、2次発酵12時間前後なので、作るタイミングの関係で二日かかりますが、市販のパンとは違う、サワードウ独特の味わい・歯ごたえがたまりません。

sourdough-rye

焼きたてもおいしいけど、翌日、薄くスライスしてチーズを乗せてグリルしてもおいしいです。

天然酵母の生地は発酵中、緩んでくるので、ついに発酵かごを買いました。
カンパーニュの模様がでて、うれしいです。
もうちょっとクープ、きれいに出せるといいのですが、まだ勉強中。がんばりますー。

スポンサーサイト

Sesame Bagel

ベーグルを作ってみたくなり、ゴマをたっぷり入れたベーグルを作りました。
普通のパンとちがう発酵過程に、一度失敗しましたが、それでやる気がでて再挑戦。
一次発酵なし、2次発酵も軽めなので、パンにしては短い時間で手軽に出来ます。

噛み応えしっかり、ゴマたっぷり。
最近のお気に入りです。


bagel-sasami

イチゴ大福

少し前ですが、イチゴ大福を作ってみました。

レンジで出来る牛皮で、皮は簡単。
最近、アジアスーパーで白玉粉と同じものが手軽に手に入ることがわかり、利用しています。
中を白あんにしたかったので、UKで手に入るカネロニビーンズが白いんげんに似ているかも?と、缶詰の豆からこしあんを作りました。

ichigo-daifuku1

中はこんな感じ。

ichigo-daifuku2

イチゴはやっぱり春らしくって、いいね。

Mount Blanc

これも12月に作ったケーキですが、今シーズンのモンブランを作りました。
UKではモンブランはみかけないですが、日本人の私、栗を見ると食べたくなります。
毎年一回は作りたいのですが、手間がかかるのが難。
せっかくなので、大量に作って、お友達相手にケーキセールをしました。

UKで生栗が簡単に手に入るのは11月くらいからクリスマスまで。
生栗をかって、渋皮煮をつくり、それと煮栗をあわせてマロンペーストにしました。
中は、スポンジ、チョコレートコーティングしたメレンゲ、渋皮煮とクリームの上に、マロンペースト。
自分でいうのもなんですが、これはおいしかった!
来シーズン、また作ります。

Mount-Blanc

Snowman pop

これも12月に作ったものですが、息子の学校のクリスマスフェア用に、スノーマンのケーキポップを作りました。
前に一回作ったのですが、今回はさらに工夫して、おなかの部分にマシュマロを入れました。

前に作った際に次男に大好評だったので、彼の好物のマシュマロを入れたのですが、ケーキセールに全部出してしまい、私たちが学校へ行ったころには売り切れ。次男は食べれませんでした。

snow-men

プロフィール

weebirdie

Author:weebirdie
北アイルランドで北アイルランド人の夫、Mixの男の子5歳、2歳、猫1匹と暮らしています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。